FC2ブログ

プーケットのブルーマリーンです♪

2020年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年01月
TOPFUNダイビング ≫ プーケット近郊の激レアポイントで大物狙い!ラチャノイ島ダイビング!

プーケット近郊の激レアポイントで大物狙い!ラチャノイ島ダイビング!

ラチャノイ島ファンダイビングにご参加頂きましたT様、ご参加ありがとうございます!

近場のラチャノイ島とラチャノイ島へ行ってきました。

今回はかなり劇レアなポイント、ラチャノイ島「サウスチップ」へご案内でした。
潮当たりの良い隠れ根のポイントであまり行くことがありませんが、先日の連休2日目にマンタに遭遇したため、
今回はマンタ狙いでこちらのポイントに変更となりました。

【海況&ダイブポイント】
==============
天気:小雨のち晴れ
気温:最低28.0℃/最高32.0℃
波:ほぼ無し
流れ:弱~中
水温:28℃
透明度:15~25m

Dive1:ラチャノイ島 バナナベイ(サウス)
Dive2:ラチャノイ島 サウスチップ
Dive3:ラチャヤイ島 ベイ1
===============

連休明でしたが、連休をずらして遊びに来ているお客様で少し賑わっていました。
出航前にチラッと小雨が降りましたが、ラチャ島周辺に到着する頃には良いお天気に。
さて、気分良くダイビングへ♪


1本目は、バナナベイの南側。

チェックダイブも兼ねて、まずは浅瀬のサンゴ礁エリアからのんびりダイビングスタートです。

ラチャノイ島 (9)

また、パッチリーフが点在し、スズメダイやフエダイの群れを見なながら、癒し系ダイブを満喫♪

ラチャノイ島 (8)

ラチャノイ島 (2)

砂地をヒラヒラと泳ぐヤッコエイに遭遇しました。

ラチャノイ島 (11)

他にもオニダルマオコゼ、アラレフグ、クモウツボ、イエローバンドフュージュラーなどにも遭遇しました。

RNY01.jpg

最後はボート戻りでしたが、1本目から時間ギリギリまでたっぷりとダイビングをお楽しみ頂きました。


2本目は、ラチャノイ島南端のポイント、「サウスチップ」へ。

ここは南端から沖に行った隠れ根で、根の周りの深度が深くなっています。
この日は流れが少し速かったため、潜行はブイ使用しました。
潜ると、そこは一面美しいラチャノイブルー!!透明度良好で、大物への期待も膨らみます♪

ラチャノイ島 (16)

根にはウミウチワやカラフルなソフトコーラルが群生しています。

周りで舞い泳ぐオレンジ色のキンギョハナダイが良いアクセント♪

ラチャノイ島 (4)

ラチャノイ島 (3)

アカヒメジものんびりしていました。

ラチャノイ島 (15)

全体的に岩・岩・岩のポイントなので、地形も楽しむことができるポイントです。

ラチャノイ島 (14)

マンタ狙いだったのですが、今回は残念ながら、マンタを見ることが出来ませんでした、、、


3本目はラチャヤイ島ベイ1。

こちらでは沈船(レック)ダイブを楽しんできました。

沈船の外側にはキンセンフエダイが群れていました。

ラチャノイ島 (6)

船の先端近くには、可愛らしいインド洋固有種のインディアンダッシラス。

フタスジリュウキュウスズネダイのインド洋バージョンがこちらです。

ラチャノイ島 (18)

もちろん、沈船内も満喫してきました!

ラチャノイ島 (7)

深場のブロック周辺にはタイワンカマスやキンセンフエダイを見ることが出来ました。

ラチャノイ島 (17)

こちらは一瞬、枝にしか見えないワカヨウジ。

完璧にバレバレですよ~(笑)

ラチャノイ島 (5)

今回は珍しいラチャノイ島のサウスチップでへのご案内となりましたが、
潮流れが少し速く、流れが速い中で思った通り潜ることができなかったり、
期待していたマンタに遭遇できなかったり、ちょっと心残りなダイビングに。
これからもファンダイビングを通して、色んな経験をしていって下さいね。

次回のリベンジダイブもお待ちしております!


ファンダイブ ラチャノイ島ダイビングのページはこちら↓
https://bluemarine-divers.com/tours/racha-noi-scuba-diving/

☆ブルーマリーンサービス☆
http://bluemarine.info/

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL