fc2ブログ

プーケットのブルーマリーンです♪

2021年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2022年02月
TOPFUNダイビング ≫ マンタとニアミス!ラチャノイ島ダイビング!

マンタとニアミス!ラチャノイ島ダイビング!

ラチャノイ島ファンダイビングにご参加頂きましたT様、ご参加ありがとうございます!

バンコクからお越しのT様とご一緒にラチャノイ島+ラチャヤイ島に行ってきました。

この日のスケジュールはあまり行くことがない、ラチャノイ島サウスチップ行きということで、
ツアー参加者も多く、船上は活気に溢れていました。

【海況&ダイブポイント】
==============
天気:曇り
気温:最低28.0℃/最高31.0℃
波:無し
流れ:弱~中
水温:28.8℃
透明度:25m

Dive1:ラチャノイ島 サウスチップ
Dive2:ラチャノイ島 ラチャノイベイ/サウスイーストベイ/サウスチップ
Dive3:ラチャヤイ島 ベイ1
===============


1本目はラチャノイ島サウスチップ。

マンタの通り道としても知られ、運が良ければ、通りすがりのマンタに遭遇できるかもしれいないポイントです。

通常は2本目に持ってくることが多いのですが、今回は1本目からいきなりサウスチップの特別プラン!

根の上からエントリーし、ボートピックアップだったので、根周りから沖合へ。

弱~中くらいの流れがありましたが、まずまずの透明度でした。

キンギョハナダイの群れや岩の上には色鮮やかなソフトコーラルが群生しています。

RNY1 (2)


キンセンフエダイやロクセンフエダイなどのフエダイの群れがたくさん!

RNY1 (1)

現在でも十分見応えはありますが、以前はもっとソフトコーラルやイソバナなどが群生していたとか、、、

沖合では同じボートに乗船していた別のグループが潮流に乗ってやって来たマンタに遭遇。
マンタが出たー!とサインがあり、水中で猛ダッシュ!!!
残念ながら、時すでに遅し、、、マンタを見ることが出来ませんでした。

RNY1 (3)


2本目はラチャノイ島 ラチャノイベイ/サウスイーストベイ。

先ほど潜ったラチャノイ島の南端「サウスチップ」の少し北側になります。

1本目に体験ダイビンググループがここのポイントでマンタに遭遇していたため、
期待を込めてこちらのポイントからエントリー!

ピックアップは同じくボートピックアップだったので、島沿いを流してきました。

白い砂地に、透明度抜群の海が綺麗ですね。

RNY2 (2)

スカシテンジクダイやスズメダイが群れ、癒し系の景観が広がっていました。

RNY2 (3)

ハタタテダイのペアを発見!

RNY2 (4)

ウミウチワやイソバナも大きくて立派。

RNY2 (1)

水中では周りをキョロキョロしながらマンタを探しましたが、マンタに逢えず、、、

マンタには逢えませんでしたが、1本目とは異なるラチャノイ島の水中景観を満喫♪


3本目はラチャヤイ島のベイ1。

こちらではボート戻りだったので、ラチャヤイ島のユニークな景観を周遊して来ました。

まずは沈船ダイブ!

RY1 (1)

船外に生息している生き物を観察したり、船内を通ってみたり

RY1 (2)

お次は沈バイク!

RY1 (3)

オオメカマスの群れに、

RY1 (5)

テルメアジの群れ。

どちらも青い海にキラキラと群れる姿が美しいです。

RY1 (4)

今回はマンタとニアミスとなり、マンタを見ることができませんでしたが、
ラチャノイ島でも異なる水中景観を楽しむことができましたね。
次回はリベンジダイブや大物狙いのシミランダイブクルーズで遊びにいらして下さいね♪

またのご利用をお待ちしております。

ファンダイブ ラチャノイ島ダイビングのページはこちら↓
https://bluemarine-divers.com/tours/racha-noi-scuba-diving/

☆ブルーマリーンサービス☆
http://bluemarine.info/

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL