プーケットのブルーマリーンです♪

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPタチャイ島 ≫ ツアーレポート!タチャイ島♪

ツアーレポート!タチャイ島♪

シミラン国立海洋公園に指定されているもう1つの島「タチャイ島」へ行ってきました!
ご紹介する写真は、参加時にAYAKO自身が撮影したものですのでご参考にしてくださいね。



シミラン諸島と同じツアー催行会社を利用しております。
港はプーケットの北パンガー県にある「タプラム港」

ミニバスを降りるとツアー会社の英語ガイドたちが迎えてくれます。
ホテル名とお名前をお伝えくださいね!

051214-01.jpg

胸に貼るステッカーを配る会社が多いですが、こちらは手首につけるリストバンドです。
ボート毎に色分けされています。 この日は5色!
シミラン諸島へ4台、タチャイ島へ1台のボートが出動です。

051214-03.jpg

専用の待合所には、コーヒー・紅茶・オレンジジュース・トースト・ミニケーキ…
昨シーズンよりも品揃え豊富に取り揃えられていました! もちろん無料サービスです♪

051214-02.jpg

フィンも無料にて貸し出しです。
なんと!フィンの部屋があるのです。実際に履いてみて自分に合うものを選んでくださいね。
EUサイズ30から用意されていたので、19㌢くらいのお子様から利用可能です!

051214-04.jpg

フィンを選んだら、自分の色のバンドがある用紙にお名前を書いてくださいね!
係りの人の手元にあるのは、酔い止めです。 心配な方は1錠飲んで下さい。

051214-05.jpg

時間に余裕があったら、撮影ポイントがいくつかあるので記念撮影を♪
お手洗いも済ませておきましょうね。

051214-06.jpg

マイクで全体のアナウンスが行われます。
残念ながらタチャイ島参加者は少ないせいか、スケジュール説明などは個別で。

「レッツゴー!ブルーカラー!!」とリストバンドの色が呼ばれたらボート乗り場へ。
ボート上は滑りやすいですし、ビーチでは歩きにくいですのでサンダルは預けていきます。

051214-07.jpg

さぁ、いよいよタプラム港をスタートです♪

051214-08.jpg

タチャイ島までは約1時間半。
この日は海がとっても穏やかで約10分予定より早く到着しました!

051214-17.jpg

タチャイ島はとても遠浅になっているので、潮の干満でその日のスケジュールが変わります。
この日は先にビーチへ。スノーケルに参加されない方は1日たっぷりビーチで過ごせます。

スノーケル(約40分)⇒ビーチ⇒スノーケル(約40分) となる事もあるそうです。
基本的にボートからのスノーケルタイムは1時間以上取っているとの事でした。

051214-09.jpg

そして、ビーチから少し北へ行ったところでボートからのスノーケルタイム!
1か所で1時間たっぷり楽しみました♪

ニモ 発見!
始めてすぐだったので一人興奮してました(笑)

051214-10.jpg

こちらはニモの親戚、インド洋でしか会うことのできないクマノミ
スカンクアネモネフィッシュ

051214-11.jpg

可愛い ツバメウオ の子供がフィンを突いてきました!
まだまだツアー客が少ないですから、お魚も警戒心が少ないのですかね?

051214-12.jpg

こちらもインド洋でしか会えない コラーレバタフライフィッシュ
浅瀬で固まっていることも多いのでスノーケルでもよく見かけます。

051214-13.jpg

サンゴの周りには、オレンジやブルー、シルバーの小さなスズメダイたち。
キラキラと輝いていましたよ!

051214-14.jpg

無数の透き通ったお魚の塊 スカシテンジクダイ
本当にもの凄い数で群れています。

051214-15.jpg

元気に育っている最中のテーブルサンゴも発見! 嬉しくなりますね~
他にもバラクーダの子供が迷い込んで来たり、50㎝越えのブダイはあちこちに。

051214-16.jpg

お天気も良く、水も温かいので あっという間の1時間でした。
海ガメの遭遇率は別とすると、シミラン諸島に負けず劣らずのスノーケルが楽しめると思います!

我ながら思った以上に綺麗に撮れていた水中写真にビックリです(笑)
ツアー後半 ビーチ編は ⇒ http://phuketbluem.blog.fc2.com/blog-entry-317.html

ブルマリ☆タチャイ島ツアーのページはこちら↓
http://www.bluemarine.info/hp4sab/i-tachai.htm

By.AYAKO
http://www.bluemarine.info/

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL