プーケットのブルーマリーンです♪

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPその他のツアー&アクティビティ ≫ 体験レポート!スカイライン・アドベンチャー♪

体験レポート!スカイライン・アドベンチャー♪

ラワイ地区に登場したスカイラインアドベンチャーを体験してきました!
前回体験したのとちょっと違う感じのスカイライン!ドキドキ!ワクワク!です。




(お写真をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます!)

到着すると、ウェルカムドリンク!(写真忘れました・・)ちょっと喉を潤します。
その後、カウンターで免責同意書にサイン、保険の用紙にサインします。

250315-002.jpg

続いて、貴重品などをロッカーに預け、トイレも行っておきましょう!

250315-003.jpg

ハーネス、ヘルメット、と準備されております。

250315-004.jpg

スタッフがここに足入れて~、と輪っかのとこに指をさしてくれます。
両足をそれぞれに入れると、スッスッスッとスタッフが器具を装着してくれます!
最後はヘルメットかぶって完了!衛生上ヘアーキャップをかぶってからヘルメットを付けます。
私個人的にはゴムの部分があたって痒かったのと、モソモソするので、
自分の帽子(野球帽?)を持ってくればよかったなと思いました。

250315-005

水分補給のお水も出発の際に配られま~~す。
タオルもあった方がいいですね!私は首に巻いていきました。

250315-006.jpg

全員が装着終了すると、5分ほど山を登って行きまーす!!
舗装もされていないので、5分とはいえ、ちょっと息切れちゃいました・・(;^ω^)

スタート地点に到着すると天気の良い日はラチャヤイ島、ラチャノイ島、ピピ島も見渡せます!

250315-009.jpg

スタート前には説明があります。どこのアスレチックもそうですが、張られているワイヤーには
絶対に手を置かないようにします!大変危険です。
持つところはスタッフがここ持って!と手を運んでくれます

250315-007.jpg

いよいよ35ステーションの始まりです!!!
まずは60m位の距離のジップラインからスタート!
カラビナなどの固定、装着はすべて一緒に行動するスタッフがやってくれるので
何もしなくていいのは楽ちんです。

250315-008.jpg

こんな高いところからはどうやって??
はい、スルスルーーっとレンジャー部隊さながらのごとく落下していきますよーー!!

250315-010.jpg

木に設置された螺旋階段もあります!

250315-011.jpg

螺旋階段を登って行くと、スカイラインではもっとも長い距離のジップライン!400mあります!
何か、♪走り出したら止まらない~~♪って歌が聞こえてきそうな感じもします!
(古いですね(-_-;)) でも、気分爽快!です!

250315-012.jpg

このロングジップラインはワイヤーが2本貼られています。
そう!二人で並んでレッツゴー!! ボスの弟ジャックと行ってみました~!

250315-013.jpg

350mの長さのジップラインではスーパーマーーン!にもなれます!
なるほど!そのために背中の部分にもカラビナがついてたんですね!
しかし、、わがボス・・飛んでません・・・GOサインの時にスタッフからスーパーマン!!って
言われてたんですけど・・借りてきた猫のようになってしまいました・・

250315-014.jpg

他にも、網を登って行くところもあったり、一本橋を渡ったりもしました。
網登りは・・はい、やはり足を踏み外しました。。私・・・

250315-015.jpg

ラスト近くになると、眼下には象さんの姿が!!
象さんの闊歩する真上をヒューーン!と飛んでいきます!
たまに象さんビックリしちゃうらしいですが・・

250315-016.jpg

約2時間半ほどですべてのコースが終わりました。
終了後はお食事が含まれておりますので、レストランでお食事タイム!
そして、オリジナルTシャツもプレゼント!!
記念写真はセットで800Bで販売されてます。

250315-017.jpg

35ステーションのほとんどがジップラインで遊べるスカイラインアドベンチャー!
風を切って木から木へダイブ! カップル、お友達同士、グループさんで是非お試しあれ!

250315-018.jpg

ブルマリ☆スカイライン・アドベンチャーの詳細はこちら↓
http://www.bluemarine.info/hp4sab/a-athletic.htm#ath4

一緒に参加したボスの弟ジャック撮影&編集の動画はこちら↓



By.AYAKO OTANI
http://www.bluemarine.info/

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL